日誌

校長室より >> 記事詳細

2020/11/10

11月全校集会 校長講話

| by:Web管理者
校長講話 PDFはこちら→校長講話(11.10).pdf
皆さん、こんにちは。
「校長講話」ということですが、先生の立場で、今、感じること、みんなに
伝えたいことを述べたいと思います。
まず、先生という仕事で、一番嬉しいことって何だと思いますか?
それは、生徒のみんなの笑顔が見れること!
活き活きと、元気に、明るく学校生活を送っている姿が見れること!
一生懸命、一つのこと(授業、部活、資格取得など)にトライして、
ひたむきにその目標に努力している姿が見れること。
今振り返ってみると、高校時代の風景がよみがえってくる。先日のみんな
の運動会を参観して、本当にガチで頑張っている姿に感動!
真剣に勝負していた姿、一生懸命クラスを応援していた姿、先生も加わっ
てズレてはいたけど生徒と一緒に阿波踊りを踊る姿など!
それはみんなの一生の思い出となるもの。その時本気で一生懸命トライした
からこそ。
先生の思い出は、体育祭の1500メートル走での2位、最後の一週でご
ぼう抜きにした。クラス対抗リレーアンカー2位、1位にはならなかったけ
ど、それでもその姿を思い出すのはそれに掛ける思いがあったから。練習し
たから。
1位になることが全てでない。優勝することが全てでない。
1位を目指すことは大切。大切なのはその過程。一つの目標に向けて頑張
り、その過程で何を学ぶか。どれだけそれに向けて自分が努力したか。どれ
だけ全力で頑張ったか。
それに向けてチームメンバーとして仲間として成長できたか。この関係は
一生続く。一緒になて頑張ってきた仲間は一生もの。クラスも同じ、縁あっ
て同じクラスになった仲間。
みんなが持っている得意なものに、一生懸命、思いを込め、それに向けて
ひたむきに努力することが大切。その頑張りは、努力は、その思い入れは一
生残る。
頑張りや努力、その思い入れが人生(その人の生き方)を変える。
その人の生き方は、その人の心がけ、心の持ちようで決まる。
全てはみんなの心がけ次第! 心の持ちよう次第!
あんなことをしたせいでこうなった。
あんなことをしたおかげでこうなった。
一つの花をみて
美しいと思う人となんだ花かと気にもとまらない人
一つの映画のシーンを見て
涙する人しない人
高校時代にどう過ごすか。全てみんな次第。
人生の中で一番きらめいているとき、全力で毎日を過ごしてほしい。
一つのことに一生懸命トライしてほしい。
高校時代を燃焼してください。
これが今感じる、みんなに伝えたい校長の思いです。
                     2020.11.10 池田高校辻校長
15:45