トピックス

徳島県立池田高等学校辻校

令和6年度オープンスクール(中学生体験入学)について (R6.6.10更新)

今年度は8月2日(金)に実施する予定です。是非お越しください。   (R6.6.10更新)

 詳しくは次の要項等をクリックしてください。

   R6オープンスクール実施要項.pdf

  R6体験授業_別紙1.pdf   R6体験授業_別紙2.pdf   R6体験入部_別紙3.pdf

  申込はこちらから→ 参加申込書様式1様式2.xlsx

第72回徳島県高等学校ワープロ競技会 団体 第1位

 令和6年5月25日(土)に第71回徳島県高等学校ワープロ競技会が徳島商業高等学校を会場として開催され、本校が団体競技で第1位となりました。個人競技でも、第1位、第2位、第3位という素晴らしい結果となりました。また、8月に東京で開催される第71回全国高等学校ワープロ競技大会、7月に香川県で開催される第64回四国高等学校ワープロ競技大会への出場が決定しました。

 

集合写真

 

 

5月23日(木)

5月23日(木)、県総体壮行式、生徒総会、家庭クラブ総会、辻ボラを行いました。

3年次生にとっては、最後となる県総体。悔いの残らないようにしっかり準備して臨んでほしいです。

生徒総会、家庭クラブ総会、辻ボラでは、3年次生がしっかりとリードして行事を進めてくれました。3年次生のよいところが1・2年次生に受け継がれていると感じました。辻校全員で協力して、今よりももっと素晴らしい辻校を目指して生きたいと思います。

県総体壮行式県総体壮行式生徒総会辻ボラ家庭クラブ総会

ピアノコンサートを開催しました

1学期中間考査の2日目、5月21日(火)に本校音楽教員の照井先生によるピアノコンサートを開催しました。テストを終え、下校する前の生徒と教員20名程が、暫し美しい音色に耳を傾けました。今後、地域の方にも案内し、演奏をお聴きいただきたいと考えています。本日の曲目は次のとおりでした。

エルガー/愛の挨拶

ブラームス/ハンガリー舞曲第5番

『ハウルの動く城』より/人生のメリーゴーランド

 

自転車ヘルメット着用推進モデル校に指定されました

池田高校が「自転車ヘルメット着用推進モデル校」に指定されることとなり、5月1日(水)に辻校でも指定式が行われました。指定式には、三好市交通安全協会、三好警察署、県警察本部等の方々が来校されました。はじめに三好警察署署長にご挨拶いただいた後、池田高校辻校がモデル校に指定された経緯が説明されました。続いて、辻校の代表生徒が指定書・サインプレートを受け取り、「ヘルメット着用宣言」を行いました。辻校はJRで通学する生徒が多く、自転車通学は少数ですが、大切な命を守るため、通学以外の場面でもヘルメットの着用を進めていきます。

前期生徒会役員選挙

新入生を迎えて、はや2週間が過ぎようとしています。

4月19日(金)に生徒会役員改選選挙を行いました。辻校を少しでも良くしたいと名乗り出てくれた生徒の皆さんが出馬してくれました。結果は、出馬してくれた生徒全員が当選し、新たな新役員として活躍が期待されます。生徒会役員だけでなく全生徒一丸となって今年度も頑張っていきたいと思います。次回は生徒会活動を紹介したいと思います。

職業ガイダンス(1・2年次生対象)を実施しました

 3月13日水曜日、1・2年次生を対象に職業ガイダンスを実施しました。世の中にあるたくさんの職業についてもっと広い視野で見てもらえることを目標に、15の事業体に参加いただきました。そして、可能な限り、生徒が見たり触ったり体験できたりするような活動ができる講座を用意していただきました。生徒は希望により、このうちの3つの職種について受講しました。

 実施後のアンケートでは、「ガイダンスを受講して、良かった」と答えた者が91.8%、「講座の前後で職業に関する意識が変わった」と答えた者が90.2%と、高い数値となりました。

 また、自由記述の感想では、次のような内容がありました。

「実際に触って体験できたことが印象に残った。」

「自分がまだ知らない職業がたくさんあることを知った。」

「夢をたくさん持って、たくさん叶えてくださいという言葉が心に残った。」

「どの職業にも知らなかったことがたくさんあった。」

「新しい仕事に興味がわいてきた。」

このように、前向きに将来について考えるきっかけとなった様子がうかがえる感想でした。これを機会に、よりよい進路選択に繋げて欲しいと思います。

    

車いす避難サポーター養成講座

徳島文理大学理保健福祉学部理学療法学科の柳澤教授をお招きして、「車いす避難サポーター養成講座」を1年次生が受講しました。

講座や実技を通して、津波震災時など避難経路上に障害物がある際に、要支援者を安全に移動できるよう、日常から取り組める知識や技術を学ぶことができました。

 

~受講した生徒の声~

・性別関係なく工夫をすれば扱えると感じた。

・介護や福祉関係者だけではなく、私たち若者にもサポートできることがあることを知れた。

 

全国選抜大会へ(女子ソフトボール部)

女子ソフトボール部が第42回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会に出場するため出発しました。今回は静岡県富士宮市にて行われます。初戦から強豪との試合だそうです。辻校全員で応援したいと思います。頑張れ!!!

※写真は、昨日の壮行会と、本日の出発前の写真です。

第7回卒業証書授与式挙行

令和6年3月1日 午後1時より第7回卒業証書授与式が挙行されました。 

PTA会長、同窓会長、体育後援会長様の御臨席を賜り、卒業生45名は堂々と入場し、担任からの呼名にしっかり応えていました。

在校生は、福祉系列のコミュニケーション技術選択者が主導となり撮影した動画で、手話の「蛍の光」を披露し、声高らかに歌いました。また、それに応えるように卒業生は、学び舎を撮影した動画が流れる中、「正解」を歌いあげました。

卒業生が輝く、いい卒業式でした。これからの新生活に幸多きことを願っています。

保護者の皆様、3年間本校教育に御協力御支援を賜りましたことに厚くお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

 

  

スタインウェイピアノのカーペットを新調

今から100年前の1924年(大正13年)に、地域の方々より寄贈されたスタインウェイピアノ。

辻校の正面玄関に設置し、定期的に芸術鑑賞会で使用していますが、この度カーペットを新調しました。これからも辻校のレガシーとして、大切に使わせていただきます。

 

第3学期始業式

令和6年1月9日(火)第3学期始業式を寒い中でしたが体育館で行いました。

始業式では、教頭先生から辰年の辰は繁栄の象徴で夢が叶いやすい年だということで

生徒の皆さんにエールを送ってくださいました。

今年度も残り3ヶ月、ひとりひとり目標を持ち、充実した日々にしていきましょう。

第2学期終業式

令和5年12月22日(金)第2学期終業式が行われました。

降雪のため、体育館への通路も雪で覆われ、ZOOMでの実施となりました。

第3学期始業式は1月9日です。

来年も飛躍できるように充実した17日間の冬休みにしてください。

 

 

災害ボランティアセンター運営訓練

12月19日(火)に地域住民、三好市社会福祉協議会、本校生徒と教職員が参加して、災害ボランティアセンター運営訓練を実施しました。

まず、さんすい防災研究所代表の山崎水紀夫さんから「被災者に寄り添う災害ボランティアセンター」についての講演がありました。次に、災害ボランティアセンター運営ロールプレイを行いました。

ボランティアの定義や捉え方、災害支援現場の様子や実際の活動内容等について知ることができて、生徒は大きいに刺激を受けたようでした。

 

令和5年度全国高等学校空手道選抜大会四国地区予選会

12月16日(土)、17日(日)、高松中央高校にて全国高等学校空手道選抜大会四国地区予選会が開催されました。

本校からは空手道部、川西響己くんが-61kg級の個人組手で参加しました。

部員は川西くん1人で、四国大会に向けて練習に励んできました。

残念ながら1回戦敗退となり、悔しい結果となりましたが、この悔しさをバネに頑張ってもらいたいです。

2学期校内球技大会

12月14・15日校内球技大会を実施しました。

3年次生にとっては最後の球技大会となりました。寒い中でしたが白熱したプレーで盛り上がりました。

優勝:31R  準優勝:11R  第3位:32R

福祉系列2年次生「活動事例発表」

12月12日(火)に池田総合体育館サブアリーナで開催された、三好市民生委員児童委員全体研修会において、2年次生福祉系列選択者6名が発表しました。

「辻校による福祉活動事例紹介」を130人の参加者の皆さんの前で、堂々と発表することができました。発表に向けて、12個の活動例について、少しでも辻校の福祉の取り組みを知ってもらおうと仲間と意見を出し合い考えました。

このような発表の機会を設けていただいた、三好市民生委員児童委員連絡協議会の関係者の方に感謝しています。

「税の作文」入賞者の表彰式

12月6日(水)に校長室において、夏休みの宿題であった「税の作文」で入賞した1年次生二人の表彰式が行われました。川原七聖さんが税務署長賞、川人唯依さんが租税教育推進協議会長賞を受賞し、中屋池田税務署長より賞状と記念品をいただきました。

修学旅行3日目

本日は、待ちに待ったディズニーランドでした。

 

40周年を迎えたディズニーランドは、クリスマスデザインでした。

少し早いクリスマス気分を味わうことができ、夢のような時間を過ごすことができました。

 

本日も無事に全員ホテルへ帰ってきました。

 

かわさき歌劇場2030

11月14日、かわさき歌劇場2030から、金岡 秀典さん、境信博さん、樺山 潤一郎さん、出尾 宏二さんをお招きして、芸術鑑賞会を実施しました。

歌声にピアノとコントラバスが組み合わさった心が動かされる演奏であり、プログラムからは瑠璃色の地球やナポリ民謡、オデッサやウィーンに思いを馳せる、生徒の感性に響くコンサート空間が創出されました。

本会は、文化芸術による子供育成推進事業(文化庁)の支援を受けて実施しました。

環境美化活動

 11月14日(火)に校内環境美化活動で生徒が新しい花を植えました。前回植えた花とは違ってマーメイドやスイートラブなど珍しい花を植えることになり、聞いた事がない花が多く、生徒が花の種類を学ぶ良いきっかけになったと思います。生徒が植えた花が生長して校内を華やかにしてくれるときが楽しみです。

    

    

    

    

修学旅行2日目

本日は、東京都内班別自主研修でした。

各班、無事にホテルへ帰ってきました。

沢山の買い物袋を抱えて、充実した自主研修になりました。

 

明日は、待ちに待ったディズニーランドです。

 

 

 

 

 

辻校スタインウェイピアノコンサートのご案内

芸術鑑賞会として、「辻校スタインウェイピアノコンサート」を実施します。

 

■日時

令和5年11月14日(火) 10:45~11:35、11:45~12:35 

※会場の都合で、2回に分けて同じ内容でのコンサートとなります。

 

■場所

池田高校辻校エントランスホール(玄関)

 

■内容

令和5年度文化芸術による子供育成推進事業(文化庁)として、かわさき歌劇2030をお招きしてピアノコンサートを実施いたします。製造されて100年目である辻校のレガシー、スタインウエイピアノの調べを聴きに、ぜひお越しください。なお、どなたでもご鑑賞いただけますが、狭い会場につき立ち見となることが予想されますので予めご了承ください。

 

■出演者

かわさき歌劇2030より

金岡 秀典 ( かなおか ひでのり ) コントラバス


 4歳よりクラシックピアノ奏法を習得。コントラバス奏法をNHK交響楽団 小野崎 充 氏、指揮法を 秋山 和慶 氏に師事。管弦楽法・和声楽・対位法・通奏低音奏法を学ぶ。平成24年の「坪尻駅クリスマスコンサート」で四国の皆様との交流が始まる。「ホテルかずら橋・クリスマスコンサート」「高松駅クリスマスコンサート」「大歩危峡まんなか」「鳥の巣カフェ」コンサートを開催。オペラでは「フィガロの結婚」「カルメン」「魔笛」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「ドン・ジョヴァンニ」を指揮。熊川 哲也 氏率いるKバレエカンパニーのオーケストラプロデュース、T-SQUARE 和泉 宏隆 氏と共演。近年は穴吹高等学校コンサート、他、四国内で「休校・廃校校歌復活コンサート」を開催。来年度は愛知県「八丁味噌蔵コンサート」、徳島県・鳴門市「酒蔵コンサート」、JR四国本社ロビーコンサート開催予定。JR四国吹奏楽部客演指揮・川崎市民オペラ指揮者および代表・JR貨物吹奏楽部客演指揮・JR吹奏楽連盟客演指揮・かわさき歌劇場2030代表・岩手、富山、香川・長野各県吹奏楽コンクール審査員を歴任。準限界集落・限界集落での「休校・廃校校歌復活コンサート」を開催し、芸術文化面から応援し地域の活性化に取り組んでいます。コンサート開催には各メディア様のご協力が不可欠であり、今後の展開に期待するものであります。本公演は「オペラ歌手・ジャズピアニスト・コントラバス奏者・総合司会は にし阿波 一般社団法人そらの郷 事務局次長」の異色メンバーで開催いたします。今後も引き続きコンサート開催地域を募集中。ぜひともお声がけください。

 

境 信博 バス・バリトン歌手


札幌市出身。洗足学園音楽大学声楽専攻科およびオペラ研究所修了
モーツアルトのオペラ「魔笛」のパパゲーノ役でオペラデビュー。オペラ団体の東京二期会では、ジャンニ・スキッキのシモーネ、ドン・ジョヴァンニのレポレッロ、蝶々夫人のヤマドリ、カルメンのダンカイロ他、記念オペラや海外劇場共同公演オペラにソリストとして多数出演。日生劇場50周年記念オペラフィガロの結婚ではバルトロを演じ好評を得る。オペラうたよみざるでは東京都芸術祭賞をとり、文化庁公演で主役として全国で100近い公演を行う。ジャパン・アーツ公演のコジ・ファン・トゥッテではグリエルモ役で主要都市14公演演奏。ライフワークとしている二十絃筝と行う一人オペラ「ベロだしチョンマ」公演は500回を超える。ソリストとしての活動のほか、多くのオペラ演出、コンサート演出を行い、合唱などの指導も幅広く行っている。現在、洗足学園音楽大学講師、二期会会員、川崎市民オペラ副代表
Keyboardist / Composer / Arranger

 

樺山 潤一郎 ( Jun-ichiro Kabayama )


 1973年生まれ。3歳よりピアノを始める。徳島県出身。現在、神奈川県 川崎市 在住。ピアニスト、キーボード奏者、作、編曲家尚美学園音楽総合学科卒業。同、研究科修了。在学中より、ヤマハ(株)・(株)コルグ・カシオ計算機(株)など多社にわたり電子楽器の音色プログラム開発・内臓デモソングなど多数制作。Web・シンセサイザー・携帯電話など、デバイスを問わず各種コンテンツの音制作を多数手がけ活動基盤を構築。現在も、電子キーボードから通信カラオケ・iPadアプリまで多岐にわたり制作。中でも自身が影響を受けた80年代レトロ電子楽器を使った音楽普及に力を注ぐ。現在の演奏活動においては、子育て支援活動や親子向けのコンサート、著名タレントのコンサートツアーとして、全国のブルーノート・ビルボードライブ等に出演。その他「シエナ・ウインド・オーケストラ」等、数多くのライブやイベントに参加している。海外でも幅広く活動し、LA・中国20都市・ラオス・マレーシア・ブルネイ・シンガポールなどアジアを軸に十数カ国での公演もこなす。NHK Eテレ天才テレビくんのアニメ「黒魔女さんが通る!!」等の音楽担当。他、CMソング / テレビドラマ / ラジオ番組等多数。編曲家・音楽プロデューサーとして多数のミュージカル作品や、アーティストのアルバムをプロデュースし作品に高い評価を受けている。尚美ミュージカルカレッジ非常勤講師。
 所有機材
 楽器:Rolando RD-800 , NumaCompact2
 DAW:LogicPro X , Studio One 5 , Cubase 11 , Pro Tools , DP10 , FL Studio20 他
 Monitor:GENELEC 8020
 Mic:AKG-C414

 

出尾 宏二 MC司会進行


徳島県小松島市出身、1959年6月28日生まれ、64歳。
 JR四国契約社員で一般社団法人そらの郷へ出向(平成25年4月から11年目) 事務局次長として務め、「にし阿波~剣山・吉野川観光圏」の、 観光地域づくりマネージャーとして活動しています。1975年小松島中学校合唱部でクラブ活動が音楽との出会いで、1976~78年、徳島合唱団に所属しセカンドテナーとして音楽活動、 ほんの少しの音楽知識を活かしてコンサートの司会進行役をお手伝いしています。 主宰の金岡氏とは、2012年12月の坪尻駅クリスマスコンサートの出演者として知り合ったのが最初。 以来、大歩危地区と震災復興の岩手をつなぐチャリティーコンサート等を重ね、翌年2013年には、川崎市民会館で岩手県みなみ吹奏楽団と川崎市民オペラとの共同チャリティコンサートに、大歩危地区の方々を中心に、義援金を渡すためにコンサート会場に駆け付けるなど交流を深めました。 さらに、2014年には、愛媛県西条市鉄道パークで大歩危下名小学校生が出演するチャリティコンサートを開催し、同年から、JR四国吹奏楽部の指導顧問としても金岡先生が関り、徳島との交流がさらに深まりました。本年12月にはJR四国本社・西条鉄道文化館にてコンサート進行役を務めます。

  #文化芸術による子供育成推進事業 #とくしま教育の日関連事業

 

緊急地震速報訓練

 11月2日(木)に緊急地震速報訓練を行いました。地震が起きた時を想定し、地震速報で全校生徒が自分の身を守る対策を行いました。こういった小さな訓練でも大きな被害を防ぐきっかけになると思いました。

 

    

 

    

第3回認知症徘徊捜索訓練

第3回認知症徘徊捜索訓練に、福祉系列2年次生2名が参加しました。

認知症について、徘徊する方の気持ちに配慮した声かけを学び、地域で見守る~つながろう三好~として、様々なことを学びました。

何かの異変に気付いた際の、届け出の方法や地域の関係機関や住民で連携をとることの大切さを知ることができました。住み慣れた地域で安心して暮らしていくために、高校生として「今、何ができるのか」と考える素晴らしい機会となりました。

令和5年度全国高等学校空手道選抜大会徳島県予選(新人戦)

10月29日(日)

県立武道館にて、空手道選抜大会(新人戦)が開催されました。

本校の部員は1名ですが、この日のために練習に取り組んで参りました。

 

結果

川西 響己(2年)

-61kg級 第3位(四国大会に出場)

12月16日の四国大会に向け、練習に励みます。

災害ボランティアセンター運営訓練

10月21日(土)三好市社会福祉協議会井川・三野支所主催の、災害ボランティアセンター運営訓練に環境防災委員9名とJRC・手話部3名が参加しました。

地域の方と共に災害ボランティアセンター運営のロールプレイや、正解のないゲーム「クロスロード」を体験しました。今回の運営訓練を通して、12月19日には辻校で「災害ボランティアセンター運営訓練」を社会福祉協議会井川支所主催で、全校生徒と地域住民の方と共に実施します。その際は、今回参加した12名はスタッフ役として地域の方と一緒に運営の訓練をします。

第75回蔦の葉祭が開催されました。

令和5年10月8日(日)、文化の部。10月13日(金)、体育の部が開催されました。

文化の部においては、4年ぶりに一般公開の実施となり、来場者数は約200名と全校生徒の数を上回り、大いに盛り上がりを見せました。体育の部においても、生徒達は一致団結して競技をこなし、素晴らしい時間を共有しました。

今回の蔦の葉祭の開催にあたり、PTAの方々をはじめ、多くの方のご協力をいただきました。本当にありがとうございました。

防災講演会

 9月29日(金)に防災講演会を行いました。この講演会では介助犬や聴導犬、災害救助犬について災害現場での活躍などを学習しました。また、実際に災害が起きた時に自分たちができるとも学ぶことが出来ました。私たちができることは小さなことであっても、実際に行動することが大切であると思いました。今回の講演は生徒たちにとって良い学びの機会となりました。これからも続けていきたいです。

    

 

    

蔦の葉祭について(お知らせ②)

10月8日(日)、蔦の葉祭(文化の部)についてご連絡致します。

 

当日、正門にて受付とパンフレットを配布しますので、ご来場の方は受付にお越し下さい。

 

また、先日HPにも掲載させていただきましたが、駐車場には限りがありますので、なるべく公共交通機関または乗り合わせ等でお越し下さい。車の乗り入れは西門からのみとさせていただき、正門からの車の乗り入れを禁止します。

 

校地内の駐車場につきましては、白線のあるところのみ駐車して下さい。満車の際は、近隣の町営駐車場(赤枠のところ)をお借りしていますので、そちらに駐車して下さい。

再度のご案内になりますが、駐車場には限りがありますので、ご理解・ご協力宜しくお願い致します。

第75回蔦の葉祭について(お知らせ)

第75回蔦の葉祭を以下の日程で開催致します。

★10/8(日) 文化の部【一般公開】 10:30~15:30

 10:30~12:30 【クラス企画・バザー】

 13:00~15:30 【Let's go on stage(ダンス・漫才等)】

 

★10/13(金) 体育の部【保護者のみ】 9:30~14:30

 

※ 駐車場には限りがあります。なるべく、公共交通機関、乗り合わせ等でお越し下さい。

ALT新任式

9月6日(水)、新しいALT先生の新任式を行いました。

サク ガナー カラスノ 先生です。

アメリカ合衆国、イリノイ州出身で日本語も堪能なお方です。写真や料理、生け花にも関心があるそうです。日本の歌に魅力を感じ、美しい日本という国について学びたいと思い、来日して下さいました。本日より早速授業で、生徒たちと一緒に授業を行っております。これから、宜しくお願いします。

 

2学期が始まりました。

9月1日(金)第2学期始業式が行われました。

式では教頭先生から、「2学期も感染症予防の対策をしっかりしながら

たくさんの行事を意義あるものにしていきましょう。」

バスケットボールで活躍している県人選手を例に、「強みを生かして成長していきましょう。」

9月1日は防災の日であることから、「家庭でもしっかり話をしましょう。」

など、話をしていただきました。成長の2学期となるようにしていきましょう。

エシカル消費教育~三好市を知ろう~

R5.8.24(木)に消費生活の授業を選択している2年次生中心に、東祖谷にあるそば道場さんでそば打ちをしました。そば粉をこねることから始まり、大きな包丁で細く切るところまで体験させていただきました。自分でうったそばは、太さが均一ではありませんでしたが、とてもおいしかったです。また、みよし消費生活センターの方から、「若者や高齢者の消費者被害の実例」をお聞きし、被害にあわないための対策と方法も教えていただきました。 

    

ゴミ削減へと繋がる製品の開発

辻校では、GX(グリーントランスフォーメーション)実現に向けて取り組んでいます。今回は、学校のゴミ削減について考えた環境防災委員の提案により、紙の再利用活動に取り組むこととしました。

紙の裏面再利用にあたって、どちらが表面かが判別できない問題を解決するためのスタンプを製作することで、この活動がより広がるよう工夫しました。

スタンプのデザインに選ばれた美術部の藤田茉優さんから、「このスタンプでゴミ削減が進み、少しでも私たちの環境がよくなることに繋がれば嬉しいです」とコメントいただきました。

 #GX #とくしまGXスクール推進事業 #SDGs #商品開発

第70回全国高等学校ワープロ競技大会

 8月3日(木)に、第70回全国高等学校ワープロ競技大会が東京で行われました。結果は団体で47都道府県中、第36位、個人では上位の成績とはならなかったですが、参加した生徒全員、今の力を最大限に出せたと思います。良い成績が残せなくても生徒自身が悔いなく大会に挑めたので、これからの更なる成長に期待しています。この成績がきっかけとなり、また来年に向けて頑張る生徒たちの姿を見るのが楽しみになりました。

       

 

      

 

 

中学生体験入学を実施しました!

8月3日(木)にオープンスクール(中学生体験入学)を実施しました。

学校長の挨拶の後、高校の授業の体験です。

福祉総合ではシーツセット体験。基礎看護では脈拍等を測定する実習。ファッション造形基礎では刺し子の実習。

保育基礎では保育技術検定の体験。数学研究ではalgo体験。国語基礎はことば遊び。英語総合は英語を楽しむ体験。

生物研究では野菜を使った実験実習。クラフトデザインではデザイン体験。9つの講座に分かれて体験してもらいました。

その後、体験1とは異なる、女子ソフトボールと女子バレーボールの部活動体験、美術部体験、

情報処理ではエクセルで表計算をする体験、福祉総合では車椅子・衣服の着脱体験、ほか、基礎看護、

ファッション造形基礎、国語基礎、生物研究の9つの講座に分かれて体験をしてもらいました。

希望の講座での体験に楽しかったという声が多く聞かれました。

辻校の総合学科の特徴でもある多様な授業を知っていただき、高校選択の一助となれば幸いです。

暑い中、保護者の方、中学校の先生方にも多数参加していただき、ありがとうございました。

 

 

 

施設見学(医療・福祉系列)

 医療・福祉系列の2・3年次生12名が、特別養護老人ホームコンフォール貞光様へ施設見学に行かせていただきました。初めての施設見学で特別養護老人ホームの概要や、施設で働く職員の方の仕事について学ぶことができました。実際に体験や経験をさせていただき、有意義な見学となりました。また、昨年辻校を卒業した先輩とも意見交換の際には、たくさんの質問を投げかけていました。